コム・デ・ギャルソンジャケットコート

【楽天市場】コムデギャルソン(コート・ジャケット|メンズファッシ

Eコート ジャケット - COMME GARCONS HOMME|コムデギャルソンオム 正規取扱店|着楽(チャクラ/ コム デ ギャルソン I

皆さんは、「染付(そめつけ)」と呼ばれる器をご存じでしょうか。
白地に、青い色の絵や模様が描かれているうつわのことです。
その歴史は、現在わかっているだけでも9世紀ごろ、つまり西暦801年から900年の時代のものが発見されています。
そんな古いもの!やっぱり美術品はすごいなぁ。と思いましたか?
いえいえ、染付自体は、大量生産するため作り方は異なるものの、現代でも大変多くみられる種類のうつわです。
100円ショップの食器売り場に行ってみてください。絶対あります。
さて、染付というものの存在を認知してもらったところで、もう少し詳しくお話していきましょう。 「釉」薬の「裏」に「青」がある、読んで字の如くの器ですね。日本では「呉須(ごす)」とも呼ばれるものです。
陶器と磁器の違いって?
さて、染付は陶磁器といいましたが、皆さんは陶器と磁器の違いはご存じでしょうか。対して磁器というのは、陶器以上の熱で焼成することにより、原料の長石や石英が溶け、ガラス化したものを言います。 今回お話しする染付は、ほとんどすべてが、この磁器に分類されます。 簡単におさらいすると、胎土の上にコバルトで絵付けを施し、透明釉をかけて焼成した磁器、ということでした。まずは古染付と呼ばれるものについてです。コム・デ・ギャルソンジャケットコート 古染付の「古」という字の持つ意味は、年代を表すものではなく、「古渡(こわたり)」つまり古い時代の輸入品という意味を指します。
いうなれば、古渡染付ですね。
 

アウター・コート-コムデギャルソン | コムデギャルソン リンカン-

さて、先程もちらっとお話しましたが、染付を語る際に避けては通れないのが景徳鎮です。 それだけ景徳鎮での磁器産業に目をかけていたのでしょうね。 そしてそこで生み出されたたくさんの磁器は、時の皇帝に寵愛されただけでなく、当時磁器を生産することが不可能だったヨーロッパ諸国への輸出品として重宝されていました。 当時のヨーロッパには厚手の陶器しか存在せず、東洋の薄く透き通るような磁器に大きなあこがれを抱いており、金銀にもまさる宝として大流行していました。
 

COMME GARCONS x

さて、少し脱線しましたが話を景徳鎮に戻しましょう。
古染付と呼ばれるものが明代末期に景徳鎮で生産されたものを指す、というお話は最初にしましたが、ではそれが日本に入ってきたのはいつでしょうか。景徳鎮での磁器生産は、元号が名前の由来になるほど、皇帝から目をかけられていた産業でした。それは裏を返せば、皇帝から強い管理を受けていたとも言えます。奇しくも時は大航海時代。東インド会社などの台頭で、一気に景徳鎮産の磁器は世界に羽ばたいていったのです。そんな中、長らく禁輸状態とも言えた明から染付磁器が流れてくると、文化人たちはその珍しさ、美しさに一斉に飛びつきました。それが桃山末期から江戸初期頃のことです。
 

Eコムデギャルソンオム カジュアル ウールジャケット-2022AW ¥82,600 (税別) ( 税込 ¥90,860 ) コムデギャルソンオム ノーカラー長袖シャツ-パッチワーク-ストライプ 2022AW ¥58,400 (税別) ( 税込 ¥64,240 ) コムデギャルソンオム テーラードパンツ グレンチェック製品洗-2022AW ¥61,700 (税別) ( 税込 ¥67,870 ) コムデギャルソンオム テーラードジャケット グレンチェック製品洗-2022AW ¥96,900 (税別) ( 税込 ¥106,590 ) コムデギャルソンオム ロゴ スエット ミリタリーポケット-2022AW ¥43,000 (税別) ( 税込 ¥47,300 ) - › トラックジャケット-プレイ・コムデギャルソン(P C G

さて、ここまでは古染付の成り立ちをお話してきました。 この記事を読んでおられる方が、どういった層の方なのか把握はしていないのですが、古染付の特徴は?と聞かれて、ぱっと思い浮かぶ方がどれだけいるのでしょうか。 これが古染付だよ、と教わったことはあっても、ここがこうなっているのが古染付の特徴で、何故こうなるかというと〜・・・と教わることは、きっとないでしょう。 

コム・デ・ギャルソン(C G) メンズジャケット・アウター

古染付の特徴で、まず一番目に見えてわかりやすいのが、やはり「虫食い」でしょう。
コム・デ・ギャルソンジャケットコート
一見すると、単に欠けてしまっているだけに見えますが、実はこれは虫が食った跡なんです。この現象には、先にお話した景徳鎮の隆盛が関係しています。
 

COMME des GARÇONS(コム・デ・ギャルソン)の全ブランド解説!【ゆっくり解説】【ファッション】

古染付のうつわを裏返してみましょう。

砂粒がたくさんついて、正直汚いですね。虫食いも相まって、私も何もわかっていない頃は「なにこのキッタナイ皿・・・」と思っていました。 床に直接くっついてしまうと取れないので、その予防線的な意味で砂をまくんですね。 この砂付きと虫食いが古染付の大きな特徴と言えるでしょう。ヨーロッパがそうしたように、日本で染付を再現しようとして生まれた古伊万里。 景徳鎮ではなく、彰洲窯で作られた呉須。
近代になって現れた有田焼や清水焼。
挙げればきりがないほど、その種類が多岐にわたる染付磁器。
今回はその中でも最も人気がある古染付についてお話しました。
もっと詳しい解説や、祥瑞や呉須についての解説が読みたい方は、うつわ知新というサイトで毎月解説をしておりますので、そちらも合わせてご覧ください。
ヒグチユウコ 革製 ギュスターヴ君とニャンコ&アノマロ ブックカバー ベージュ">

【太陽と雨と風とコート】vol.5 『COMME des GARCONS HOMME PLUS』

【コムデギャルソンアーカイブ#2】かぶるジャケットと鳥の刺繍!セットアップ2点をご紹介します。COMME des GARCONS ARCHIVE #2
2021-08-17 | Posted in | Comments Closed